【体験】ロボアドで、将来のお金をシミュレーションしてみた

2017/03/15 インタビュー

  • いいね! 4
    Loading...

タカさん(現在:38歳・会社員・男性)は、31歳で結婚。33歳でマイホームを購入。小柄でお料理上手の奥さまと、かわいいお子さん2人と一緒に暮らしています。

 

そんなタカさんですが、株式投資、投資信託、FXなどの投資経験は「ゼロ」。ただ、証券会社の口座は持っているといいます。

 

「30歳になって結婚を考え始めた頃、

お金を貯めたいと思ったんです。

銀行だけではダメだなと、証券口座を開設しました。

その後、結婚したんですが、

わたしの奥さんは、とても堅実で。

投資はやめておいたら、という考えでした。

わたしも投資に関する知識があるわけではないので

説得できる気もしなくて(笑)。」

 

そして、投資のことをすっかり忘れていた

タカさんも、[did(ディドゥ)]の記事を読んで

ちょっと投資のことが気になり始めたといいます。

 

「ただですね、、、お小遣い制なので

今は1,000円、、、いや、がんばって

毎月5,000円ぐらいしか投資できないんです。

こんな少額でも始めらますか?」

 

「少額の積立投資などですね。もちろんですよ。」

と答えて、投資アドバイザーのような気持ちに。

 

今日は、そんなタカさんに

ロボアドを体験してもらおうと思います。

 

「ロボアドですか、聞いたことありませんね。」

 

 

あるネット証券のロボアドをパソコンで開きます。

ここのロボアドは、質問に答えていくと

投資に対する考え方のタイプと

それに合った投資対象の組合せが表示されます。

 

さっそく、質問に答えていくタカさん。

 

「10問もなくて、心理テストみたいで手軽だな。」

 

結果は、どちらかというと安定型の、

リスク許容度低めの判定。

 

「そうか、僕は安定志向なのか。。。

たしかに、僕が尊敬するヒクソン・グレイシーも

対戦相手をしっかり選ぶ

安定志向型の選手だったな~」と妙に納得。

 

「これは性格診断ではないですけどね(笑)。

ポートフォリオの意味は分かりますか?」

 

「うーん、なんとなく。

債券とかリートとか、あまり分からないですね。

国内と国外でリスクがどうとかも、難しいなあ。」

 

そんなタカさんも、画面をスクロールして

将来シミュレーションを見るとニヤリ。

 

「これ、いいですね。

これくらいふえる可能性があるならいいなあ。」

 

次に動画で結果が表示されるロボアドにトライ。

 

「あ〜、動画も良いですね。

月いくらだと、何年でいくらになる可能性があるかの

シミュレーションも分かりやすいですね。

でも画面転換が早くて

説明のところはほとんど分からなかったな。」

 

2つのロボアドを体験したタカさんに

改めて感想を聞いてみました。

 

「面白いので、他のロボアドもやってみたいです。

ただ、ぼくは少額しか投資しないので

詳しい情報はいらないかも。

月いくらだと、何年でいくらになる可能性があるかが

分かれば、十分ですね。」

 

各会社がリリースしているロボアドは、さまざまなタイプがあります。雑誌やWEBサイトには一覧で違いが分かるようなものも出ています。興味のある方はぜひ一度、試してみてくださいね。

  • いいね! 4
    Loading...

この記事を書いた人

編集部
20代・30代・40代の普通の会社員です。「⾃分らしく貯める・ふやす」ヒントや、株・投資信託・iDeCo(イデコ)など「投資」の体験談をお届けしていきます。

このライターの記事一覧→