企業の決算月、調べてみた

2017/08/18 投資

  • いいね! 3
    Loading...

みなさん、家計簿はつけていらっしゃいますか?

 

付けている方は

年に1回、「1年間の収支はどうだったかな」

と振り返ることがあると思います。

 

もう少し頻度が高い方であれば、

3か月に1回

「この3か月の収支はどうだったかな」

と振り返ることもあるかと思います。

 

みなさんは何月に1年を締めて

振り返りをすることが多いでしょうか。

 

やっぱり12月に締めて、新年を迎えた1月に振り返る?

ちなみに、私は12月に締めての1月です。

 

さて、この1年を締めて振り返る

作業を行うのは企業も同じです。

 

年に1回、「本決算」というかたちで、

1年を締めくくり、その後に振り返ることをします。

また、3か月に1回「四半期決算」

という振り返りも行います。

 

 

この本決算を行う月のことを「決算月」と呼びます。

会社四季報や株価を参照できるwebサイトにも

記載されています。

 

では、何月に本決算を行う日本企業が多いのでしょうか。

予想の本命は個人と同じく1月で。

 

早速調べてみました、did!

 

■上場している日本企業の決算月

1月・・・51社

2月・・・202社

3月・・・2337社

4月・・・36社

5月・・・66社

6月・・・111社

7月・・・32社

8月・・・63社

9月・・・141社

10月・・・43社

11月・・・49社

12月・・・394社

 

※こちらのサイトを参照しました。

http://kabu.hikak.com/

 

3月多い!!

約3500社中、2300社が3月決算。

6割以上が3月決算の会社です。

 

次に多いのが12月。

 

ここは個人と同じで、1月から新年となるため、

気持ちの切り替えには良いですね。

 

なぜ3月決算の会社が日本には多いのか?

 

少し調べてみたところ、

国や公的機関が3月を年度末としており、4月から

新しい制度や法律が施行されることが多いため

それに企業も合わせているそうです。

 

また、小さいころから4月になれば1学年上に上がり

新しい環境が始まるということに慣れているため、

企業も4月を新年度の始まりにすることに

自然となったとの意見もあります。

 

なお、ヨーロッパやアメリカは

12月決算企業が多いようです。

 

投資を行う際には

 

「この企業はもうすぐ決算月だが、

今年は配当を出せるのか?」

「決算月は帳尻合わせのため、

売り上げを必死で伸ばそうとし、株価にも影響あるかも」

等、

参考にできればよいですね。

  • いいね! 3
    Loading...

この記事を書いた人

編集部
20代・30代・40代の普通の会社員です。「⾃分らしく貯める・ふやす」ヒントや、株・投資信託・iDeCo(イデコ)など「投資」の体験談をお届けしていきます。

このライターの記事一覧→