【連載】ストーンズ・ヒロ ~欲望のままに・気ままに~

2017/04/20 投資

  • いいね! 8
    Loading...

今回の「ストーンズ・ヒロが贈る投資の始め方・楽しみ方」は、わたしの取引スタイルとアンタッチャブルな過去についてお話しましょう。

 

わたしは、投資家ではありません。

あれ?と思われるかもしれませんね。

わたしは、投機家なんです。

 

[did(ディドゥ)]のテーマは、

自分らしく貯める・ふやす、ですよね。

わたしの場合、

自分の欲望のままに・気ままに

リスクを承知の上で利益を求めて

取引をしています。

 

わたしのような取引スタイルの人を

スペキュレーター(投機家)と言います。

 

悪者扱いされがちなのですが、

スペキュレーターがいないと、

市場が成立しません。

資本主義経済には不可欠な存在なんです。

 

売りたいときに売れる。

買いたいときに買える。

 

当たり前でしょ?と思うかもしれませんが

わたしたちスペキュレーターが

欲望のままに・気ままに

売ったり買ったりしているから

流動性の担保ができているんです。

 

外国為替市場では

スペキュレーターが8割ぐらい、

実需(商社や旅行会社、個人等)が2割ぐらい、

と言われています。

 

スペキュレーターといえば、

[did(ディドゥ)]で、

100万円と新車を手放した

トミーさんの記事を読みました。

【回想】100万円を元手に、勝負してみた

 

わたしも1つ、出しちゃいましょう。

 

FX(外国為替証拠金取引)ですね。

2008年のリーマンショック直前に、

南アフリカランド/円の通貨ペアを

“すごい”もっていました。

 

持っていた理由は・・・金利差です。

FXは、低金利の通貨を売って

高金利の通貨を買えば

その金利差にあたるスワップポイントを

毎日ゲットできます。

 

リーマンショック前は、

南アフリカランドの金利が高くて

10%を超えていたんですよね。

日本円との金利の差がすごく大きくて

“為替レートが動かなかったら”

もっているだけで

チャリンチャリンだったんです。

 

たしか、1日で何もしなくても

3,000円ぐらい。

1ヶ月で9万円ぐらい。

なかなかおいしいでしょ〜。

 

ほったらかしておくだけで

1年間で100万円をゲットできるという・・・

それで手を染めてしまいました・・・涙

 

で、リーマンショックの後に

ほぼ全額を失いました。

そこそこの車が1台買えるぐらい。

軽じゃないですよ!!

そこそこの、です・・・涙

 

あまりに額が大きくて

なかなか実感がわきませんでした。

 

わたしがやっていた取引スタイル、

スワップポイント狙いは

当時、かなり流行っていました。

オーストラリアドル/円も人気でしたね。

 

この、しくじり体験以降、

ほったらかしにしておく、という取引は

1度もやっていません。

 

 

今日の悩めるあなたに贈る言葉

世の中、

楽して儲かるなんていう

甘い話はないの!!

 

楽して儲かりそうなときは、

なにか罠があります。

 

アンタッチャブルな過去を思い出して、

今日はもうこれ以上、何も言えないわ!

  • いいね! 8
    Loading...

この記事を書いた人

ストーンズ・ヒロ
静岡県出身。アラフォー独身広告営業マン。ラジオ局、ネット証券等を経て現職。趣味はゲーム、音楽、旅行。週末は暗闇バイクエクササイズで汗を流す。

このライターの記事一覧→