Road to 2020な500円玉貯金

2017/10/03 お金

  • いいね! 4
    Loading...

「TOKYO!」

 

2013年9月8日ブエノスアイレスでの、

2020年五輪開催地発表をテレビで見た。

感激の余りわたしは震えたのだ。

いや、震えている場合ではない。

母国ましてや地元で五輪が開催されるのだ。

これを逃せばもう東京では観戦できないかもしれない。

すぐさまこう思ったのである。

 

絶対に現地に観に行く!

 

東京五輪は2020年7月24日から開催される。

さっそくチケットの入手方法や価格について、

このサイトで調べると以下の記載が。

http://www.tokyoolympicjapan.com/ticket.html

 

「チケットは「誰もが見ることのできる手ごろな価格」に設定されるとのこと。

開会式が2万5000~15万円。陸上や水泳といった人気競技の決勝などで最高3万円。」

 

手ごろ?高くね?

開会式15万て、PS4proが3台買えちゃうよね?

 

しかしながら4年に一度の祭典。

「歩くスポーツ新聞」を目指すわたしとしては、

外すことのできない一大イベントである。

 

貯めるしかない。

日本が誇る文化、500円玉貯金で!

 

そうしてわたしは2013年から2017年の4年間、

「500円玉はドラえもん、その他小銭はとりあえずインテル」

というシンプルな心得のもと、500円玉貯金を開始した。

 

リオを見送り、東京五輪の開幕まであと3年弱。

 

2017年9月現在、どの程度貯まったか中間確認をしてみよう。

 

いざ!

 

少な!!!

インテル、入ってない!

 

4年間で13,489円の実績。

やる気は微塵も感じられない結果であった。

適当な心得と、具体的でない目標がそうさせたに違いない。

 

失意のわたしは以下4つの心得を制定した。

 

500円玉貯金の心得

一、期限と目標金額を決める

一、上記から算出したスケジュールで貯金

一、毎月末、目標とのズレを確認しペース調整

一、必ず500円玉でドラえもんに貯金

 

まず期限と目標金額は以下の通りである。

 

期限:2020年6月30日

※現在2017年9月とし、あと約34カ月間

 

目標金額:160,000円

[チケット内訳]

開会式 →50,000円(25,000円×2枚)

野球 →60,000円(15,000円×2枚×2試合)

柔道 →20,000円(10,000円×2枚)

ソフトボール →15,000円(7,500円×2枚)

バレーボール →15,000円(7,500円×2枚)

 

なかなかの金額。

上記は正規ルートで購入した際の予測金額である。

ダフ屋からの購入は違法なり。

 

次に貯金スケジュール。

 

(160,000円-13,500円)÷34カ月=4,500円(4,308円)

ひと月あたり9枚貯金すればペースを守れることになる。

 

まとめ

 

16万円分のチケットに向けて

34か月後までに

毎月9枚ずつ貯める

 

達成できそうな気しかしない。

具体的に目標とスケジュールを決めるとこうも違うのか。

500円玉貯金という

小学生からお年寄りまで広く愛される、

我が国のこのシンプルで伝統的な手法により、

わたしは一生に一度の地元開催五輪をこの目で観るのだ。

予定より多く貯めたら、種目を増やそう。

 

踊るような足でインテルに入っていた100円玉を、

さっそく銀行で500円玉に両替した。

 

その帰り道、喉を潤すためにわたしはジュースを買ったのだ。

 

500円玉で。

 

がんばれタメルディドゥⅢ世!

次回中間発表は2018年9月(適当)!

  • いいね! 4
    Loading...

この記事を書いた人

編集部
20代・30代・40代の普通の会社員です。「⾃分らしく貯める・ふやす」ヒントや、株・投資信託・iDeCo(イデコ)など「投資」の体験談をお届けしていきます。

このライターの記事一覧→