生涯で最も高い買い物、マイホームを買ってみた

2017/10/12 お金

  • いいね! 3
    Loading...

生涯で最も高い買い物、マイホームを買ってみた、と言っても購入したのは5年前。マンション購入からこの5年で使ったお金のあれこれをお伝えします。

 

マイホーム購入のきっかけ

結婚して、翌年には長男が誕生、子どもが6ヶ月くらいの時、縁のあった会社社長から、マイホームを持とう!我が社のマンションなら家族で幸せに暮らせる、とすすめられました。頭の片隅にあったマイホーム購入という考えが一気に主役に踊り出ました。

 

マイホーム購入決断

いざマイホーム購入検討を始めたら、最初にやることは購入金額を設定することになると思います。でも、モデルルーム等に行くとついつい設定金額+αの物件も紹介され欲しくなってしまうものです。設定金額以上の物件は見ない、もしくは設定金額をあらかじめ低く設定しておくといいかもしれません。

 

設定金額は賃貸に住んでいるご家族なら家賃が判断基準になります。ちなみに私は不動産会社の先輩から今の家賃に過不足がないなら、家賃金額✕300倍(5年前当時)が適正購入価格と教わりました。また広告等でよくある月々のローン支払いシミュレーションは参考程度にした方がいいです。後ほど触れますが、実際はシミュレーション金額以上にお金がかかります。他に立地、部屋の広さ、設備等も踏まえ購入の決断をしました。

 

マイホーム購入手続き

まず購入を申し込む時に手付金が必要です。私は10万円を支払いました。その後の登記等不動産購入手続き、ローン手続は司法書士、銀行がほとんどやってくれました。しかし、重要事項説明、各種手続書類の押印には半日以上かかりました。

 

また、ローンにはたくさんの種類があるようでしたが、全て銀行任せにしました。で、どうなったかというと私は固定金利と変動金利を組み合わせたローンを組んでいます。変更手数料が発生しますが、返済金額の増額をして返済期間を短くすることも出来るようです。ちなみに購入時の頭金について、全額ローンでも必要です。私は全額ローンでマイホーム(マンション)を購入したのですが、修繕積立金、管理費、銀行等への事務手数料他で100万円をオーバーしました。これに引っ越し費用、家具の新調費用が加わりますので全額ローンでも結構な頭金が必要でした。。。

 

マイホーム(マンション)費用あれこれ

月々のローン返済以外に修繕積立金管理費を毎月支払っています。環境によって異なりますが、通常これらの金額は徐々に上がっていきます。購入から5年経過した私は当初の2倍程度の修繕積立金を毎月支払っています。また、年に1回ですが固定資産税を納税する必要があります。賃貸アパートなら2年に1回の更新料支払いが毎年ある感覚です。

 

あとは故障対応による出費。共用部以外の故障は基本自己対応で、時間もお金も手間もかかります。これは賃貸暮らしとの決定的な違いです。賃貸との違いといえば保険も。もちろん保険は絶対ではありませんが、我が家は火災保険と地震保険に加入しています。以上の費用負担を踏まえ、月々のローン支払いシミュレーションは参考程度にしておきましょう。

 

マイホームを購入してよかったのか?

でも、マイホームを持つことは支出が増えて悪いことばかりではありません。ローンの支払いには団体信用生命保険料が含まれています。借りている本人が亡くなった場合、ローン額が弁済される保険です。万一の際、家族に資産を残すことも一家の主として大事な仕事です!また、住宅ローン減税で10年間税金が控除されます。納税額、ローン金額にもよりますが最大で年30万円が年末調整、もしくは確定申告で返ってきます。

 

私は年に1回のボーナス感覚で受け取っています。

 

結果、マイホーム購入はお金がかかります。ただし、資産を持つというステータス、将来に対する安心感は得られます。購入物件の良し悪しもありますが、私は断然マイホーム購入をおすすめします。

 

最近、奥さんが「早くマンションを売り払って一軒家に買い替えたい」とやたらと繰り返すのが気になりますが。。。

  • いいね! 3
    Loading...

この記事を書いた人

編集部
20代・30代・40代の普通の会社員です。「⾃分らしく貯める・ふやす」ヒントや、株・投資信託・iDeCo(イデコ)など「投資」の体験談をお届けしていきます。

このライターの記事一覧→