手料理と手書き家計簿で節約してみた!

2017/12/28 お金

  • いいね! 4
    Loading...

こんにちは!did編集部のヨシキです。

 

突然ですが節約って難しいですよね。
節約をしようと思って外食を控えようとしても

結局忙しくなると自分で料理を作らなくなったり、
家計簿をつけるつもりでレシートを取っておいても
そのレシートを2~3ヵ月もサイフに入れたままにしたり…

 

…というのが以前の僕でしたが、
そんな僕に舞い降りた天使、

もとい今お付き合いしている方が
とてもしっかり者で毎日の出費の管理や

お料理をしてくれているのです…!

そして本当にすごいな~と思うのが、
毎日お昼のお弁当を作ってくれることです!

とても尊敬です…!

 

というわけで今回は料理を自炊をした(正確には作ってもらった)場合、
どれくらいの出費が浮くのかを調査!

 

did!

 

まずは彼女がやっている
家計簿のつけ方をご紹介。

このどこでも買えるノートに
手書きで出費をつけてくれています。

 

 

付箋がかわいいですね。

中身はこのようになっています。

以前お金の学校セミナーで学んだ
『集めたレシートを10項目ぐらいに分けて記録する』

ということをここでやっています。

 

その月にかかった支出を1冊のノートにまとめていて
出費が発生した時にその金額を残しています。
(細かい数字はざっくりとした計算でOK)
しっかり者やで…

 

ちなみに彼女は項目を
食費・日用品、カフェ(スタバなどで仕事をすることが多いため)、交際費、旅行、自己投資…などと分けています。

 

食費の項目には食材名がたくさん書き込まれています。
毎日のお弁当や夜ご飯の材料にかかったお金も
ちゃんと記録されています。

 

ここで1ヵ月お弁当&自炊(正確には彼女の料理)
生活を続けた結果どれだけの食費が節約できたのかを
見てみたいと思います。

 

以前かかっていた食費は、
朝が500円、昼と夜が750円ずつぐらい(1,000円~500円かかっていたので間をとった金額)だったので、1ヵ月間で換算すると約60,000円はかかっていたことになります。

 

2018/12/28時点の食費を彼女に聞いてみたところ、
食事代の合計はざっくり2万5,000円ほどだったそうです!
(内お昼のお弁当代が10,000円ほど)
結果として35,000円を浮かせられたことに!
食費をだいぶ抑えられました!

 

ちなみに作ってもらったのはこんなお弁当。

(LINEの「アルバム」に作ったお弁当を記録しています)

 

毎日バラエティ豊かなお弁当で飽きなくて楽しいです!
しかも、
以前はほぼ毎日牛丼かラーメンだったため、
ちゃんとしたものを食べているせいか
体の調子もなんだか良い感じ?

 

自炊(してもらって)からわかったお金のコト

・自炊をすると3万円以上浮いて
しかも健康にも良い!(変なニキビも出なくなりました)

 

・夜ご飯の料理が楽しみなので
会社から早く上がるようになった!
(以前は帰りが遅くなりがちだった)

 

普段何気なく使っている食費などでも
ちゃんと見直すと結構お金がかかっていることや、
「それを食べるために3万円も本当に使いたいのか?」と
立ち止まって考えることができますよね。

 

日々忙しくて外食してしまったり、
ちょっとしたときに欲しいからといって
コンビニで買ってしまったりすることが多いですが、
そういった無駄な出費にお金を使うのではなくて
本当に自分がしたいコト(例えば旅行や本を買うなど)のために
お金を使えるのは良いことですよね。

 

今日は自炊で35,000円を浮かせることができたお話しでした。

浮いたお金で彼女にプレゼントでもしようかな。

  • いいね! 4
    Loading...

この記事を書いた人

ヨシキ
神奈川県出身。1993年生まれ。筋トレ大好き会社員。
毎日必ずすき家で特盛を食べる。

このライターの記事一覧→